福祉・介護系の学校の授業内容について紹介したいと思います。

福祉・介護系の学校の授業の内容はほとんどの学校の場合が、介護福祉士養成学校の場合は介護福祉士になるための授業が行われるわけですが、講義、演習、実技の三つから成り立っています。

講義では、介護福祉士になるための知識を色々と学んで福祉の在り方についてなども勉強します。

福祉・介護系の学校で行われる演習としては実際に生徒を使って介護の実技演習が行われます。

その内容はたとえば、入浴介助であったり、食事を支援したり、排泄の援助などもおこなって実習に向けて生徒同士で演習をして技術を身につけていきます。

そして知識も習得して、実技演習もしっかりと身についてからは、実際の福祉・介護系の施設に行って実習が行われます。

これが福祉・介護系の学校の授業内容になっていますが、これ以外に資格を取得する場合には、その勉強も行うことになります。

福祉・介護系の学校の授業では講義で知識面での習得をして、演習で実際の介護の技術を身につけます。

そして、実技で知識と技術が身についているのか実際の現場に行ってさらに技術を高めることになります。
ほとんどの学校がこの流れで行われています。