福祉・介護系ユニバーサルデザインについて紹介したいと思いまず。

福祉・介護系のユニバーサルデザインというのは、1980年代にできた新しい言葉です。

この福祉・介護系のユニバーサルデザインという言葉は何かというとみんながたくさん利用する建物などを使いやすいように、考えることをユニバーサルデザインと呼んでいます。

福祉・介護系の言葉のユニバーサルデザインというのは、小さな身の回りのものから始まって、大きなものになると建物や公園などにも福祉・介護系のユニバーサルデザインはありますから、物にかかわらずユニバーサルデザインというのはいろいろな物に適応されているといわれています。

福祉・介護系のユニバーサルデザインを考えるうえで大切なことは、誰でも平等に使うことができて、その時、その場所にいた人みんなが使えて、見て使い方をすぐにわかるものや場所、そして情報なども見てすぐわかるデザインになっていることが条件ですし、力を無理に入れなくても使えたり、誰でも手軽に使えることが福祉・介護系の観点から見たユニバーサルデザインの特徴です。

今、いろいろな物に福祉・介護系のユニバーサルデザインは考えられていますから、よく見かける人も多いのではないでしょうか。